1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社長挨拶

社長挨拶

酒類・食品の流通を通じて、みなさまの暮らしに潤いをもたらす商品を円滑に提供いたします

当社は1949年の創業以来、酒類・食品市場において卸業務を展開してきました。
数多くのメーカーや小売業のお取引先様と強固な信頼関係を築き、取引を伸長させ、取引高、商品の品揃え等で、国内のトップクラスとなっています。良質な商品の流通を確保することによって、安定的で豊かな暮しを支える重要な役割を担っています。

日本の経済・社会環境は高齢化・IT化の進展等近年大きく変貌しており、消費者行動・ニーズの変化等、酒類・食品市場にも大きな影響を与えています。こうした変化に対応し、安定的に卸売業務を遂行していくために、これまで以上に市場分析や新商品の適確な把握に努め、斬新かつ魅力的な提案力を発揮すべく、【「ヒト」「モノ」「コト」を育てる】を理念として、全社一丸となって取り組んでいます。
社員(「ヒト」)全員がそれぞれの業務に精通し、卸売業務のエキスパートとなることを目指し、併せて「モノ」に精通することによる様々な資格取得も奨励しています。また、「コト」消費の内容を正しく把握し、「売り場・売り方の改革」や商品の魅力を伝える「新たなアプローチ」の研究、更には既存業務の見直し・効率化・標準化を進めています。

こうした努力を積み重ねることにより、業績においても更なる飛躍を遂げ「ストロング&グッドカンパニー」を実現、みなさまの暮しをより豊かなものにするために貢献してまいります。

日本酒類販売株式会社 代表取締役社長
田中 正昭
(Masaaki Tanaka)